イベント情報

HP開頁記念!仏の子のつどい

浄土真宗本願寺派 宇陀北組主催で 当山・法光寺に於いて キッズ・サンガ[仏の子のつどい]が開催されました。

各寺院から子どもたちが36名も集まり、阿弥陀さまの前で楽しい1日となりました。

午前中は西光先生によるレクレーションタイム。
萩野先生も加わって、あれやこれやのゲームで大いに盛り上がった。

龍口仏教婦人会のみなさんや宇陀北組の仏教婦人会の方々が作ってくださったカレーライスが昼ご飯。
二度おかわりする子も続出の美味しい、オバチャン手作りカレーライス。

失礼、デリシャスお姉さんカレーライスかな(^^;)
午後は広川先生の指導で「お数珠作り」!
ゲームとは打って変わってみんな真剣な眼差しで「数珠」を作り上げていく。
一時間もしないうちに「お数珠」の出来上がり。

それ以外にも、仏教讃歌をみんなで歌ったりして、集まった子どもたちもスタッフの大人たちも笑顔が絶えない、思い出深い8月1日となりました。
子どもたち36名に対して、スタッフの大人たち34名。

合計70名で作り上げた「阿弥陀さまとの夏休み」となりました。
以前は龍口の里だけで、30数名の子どもたちがいましたが、現在龍口在住の子どもは一人だけです。
過疎が急激に進む上忍の里ですが、今日に限っては 子どもたちの笑い声が絶えない里となりました。

門徒総代さんやら、老人会婦人部のみなさん。
そして法光寺仏教婦人会のみなさんのおかげで 楽しく有意義な「仏の子のつどい」でした。
来年は宇陀北組の何処の寺院になるか決まっていませんが、都会に住む子どもたちも このつどいには帰って来てもらいたいものです。

雷が鳴ったり、土砂降りだったり、雨が止んでも とても蒸し暑かった8月1日。
今日二度目の土砂降りの後、やっと涼しくなってきました。

山里の龍口にヒグラシのカナカナカナと言う 涼しげな鳴き声がこだましています。

トップへ戻る